スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな事になったわけです...

お久しぶりです!!
退院してから,聖の幼稚園,きぃちゃんのお世話,たまちゃんのお世話で一日があっという間でして…
ようやく更新できたって感じです(苦笑)

でも,聖もきぃちゃんも大きな変化はなく,むしろたまちゃんを溺愛して,
どっちが先にたまちゃんの隣に行くかでケンカをするほど(笑)

特に聖は勝手にたまちゃんを抱っこしちゃう時があったり,
私がシャワーに行っている間たまちゃんを見ててくれたり,
本当に小さなお母さんになっていて(笑)
とても頼もしい存在になっています!!

そして,たまちゃんはとっても元気ですよ~!!
夜もグッスリ寝てくれるので,困ることもなく,本当にすくすく育ってくれています!!



さて,出産エピソードでも書きましょうか…
ホント,テレビに投稿したら採用してくれそうなストーリーになってます(笑)


11月22日 日曜だったため,前日はしゅんぺいとかなり夜更かしをして,午前3時に何事もなく就寝.
その2時間後の午前5時,ふと目が覚めた途端強烈な陣痛がやってきて,
しゅんぺいをたたき起こす(苦笑)

で,しゅんぺいに体をさすってもらったのですが,
お腹が張りっぱなしで,全然痛みが引きそうになく,
とりあえずしゅんぺいがいつでも病院に行けるように着替えを済まして,スタンバイ.

私もしゅんぺいの後に続いて,何とか2階の寝室から1階に降り,
トイレに行ってから着替えようと思ったのですが,

この考えが甘かったのです...

便座に座って,用を足そうと思った瞬間!!!!!



!!!!!!おしっこじゃない!!!!!!(←お食事中の方申し訳ありません)


いや,普通にしたかったんですよ(苦笑)
だけど,したいのとは別の感覚がそこにはあって
急いで,便座から立ち上がったわけです.

そこから,私は頭の中がパニックでした
記憶もここから曖昧なんですが(汗)

とにかく立ち上がった状態で,両手を壁について,
「パパ,電話持ってきて~」と叫び,
必死の思いで産婦人科に電話!!!


「あの,う,産まれちゃいそうなんですけど~」って必死に言うも,既にまともに話す事が出来ず,
すぐにしゅんぺいに代わってもらい,状況を説明.
だけど,病院に来てもらわないとどうにもならないと言われたそうで,
とりあえず電話を切りとにかく行こう!!ということに


だけど


だけど


もう私は一歩も動けず,
「ダメ,出ちゃう,おしっこもしたいのに~」って叫ぶと
しゅんぺいも「漏らしても何でも良いよ!!!」ってすごい返答が返ってきて(笑)
夫婦でパニックですよ.

そうこうしているうちに,私は両足がブルブル震えて来ちゃって,
もう我慢の限界に…

そして,“あっっ”と思った瞬間,手を当てたら赤ちゃんの頭が出てきて!!


「ぎゃーーーーーーー産まれる~~~~,助けて~~~~~」
って言っているうちに,
卵膜に包まれたままの赤ちゃんがスルスルっと出てきて,

床に落ちた瞬間まるで水風船が割れるように,バッシャーーーーーン

たまちゃんが誕生してしまったのです...

私は頭が真っ白.

いつの間にかしゅんぺいも子ども達もトイレの前にいて,子ども達は棒立ち
しゅんぺいは急いで病院に連絡,救急車を手配.

この時点で,たまちゃんはオギャーーーとか弱い声で泣いていたので,ちょっと安心だったのですが,
このままだと危険だったので,
しゅんぺいが病院から応急処置の方法を聞いたみたいで,
大量のバスタオルで赤ちゃんを包み,
ソーイングセットから手縫い糸を出して,へその緒を縛ってました.

そうこうしているうちに救急隊が到着.

もう一度へその緒をクリップで2カ所しっかり挟んで,切断.

たまちゃんは大きいアルミホイルみたいな物に包まれて運ばれ,
私は,トイレから脱出し(苦笑)
玄関付近で,タオルをフンドシ状に巻いて,担架で運ばれました.

まだ胎盤が出てなかったので,定期的にお腹の張りが残っていて,
少し苦しみながら,救急車の中で血圧やら体温を測り,
特に異常がなかったため,かかりつけの産婦人科へ搬送されました.

自宅から,産婦人科まで歩いて1分の超近所なのに,救急車で運ばれるという始末…
近いから何があっても大丈夫って安心していたのに,
まさかこんな事になってしまうとは,,,と思いました.

その後,私はお医者さんに胎盤を引っ張り出してもらい,キレイに処置を...
その間助産師さんから産まれるまでの間のことを聞かれ,
まるで事情聴取をされているような…(苦笑)

たまちゃんも最初ちょっと低体温で,保育器に入れられていましたが,産後10時間くらいですぐに母子同室になり大事には至らずに事を終えました!!


ということで,こんな出産劇だったのですが,
このお陰で,,,

出生時刻が曖昧に…
一応,病院側としゅんぺいの携帯の履歴で推測しました.

分娩時間も曖昧に…
目が覚めたのが5時,ここをスタートとして,出生時刻は5時12分.
陣痛時間は12分ということになりました.
上2人は2時間くらいで,これでもスピード出産だったのに,
たまちゃんは…ギネス級です(笑)

母子手帳には墜落分娩と書かれました
確かに一度も息まず,重力に従うように落ちてしまったので,
この言葉はピッタリです(苦笑)
が,墜落ってね~…こんな書き方と言葉があるとは…
ある意味,とっても貴重な母子手帳になりました(笑)

出産費用が安かった
自宅出産だったので,安かったです.
たまちゃんは産まれた時から親孝行です.
でも無事で何より.


まさかまさかの事態に,とにかく家族でパニックでした.
でも家族で立ち会い出産(苦笑)
私もしゅんぺいも初めてへその緒を触ったり,すごい経験になりました.

ですがこの後,きぃちゃんはおトイレ恐怖症になってしまい,本当に申し訳なかったです.

そして,自宅で産まれちゃったために,入院先の産婦人科でも有名な話に…
きっと語り継がれる事でしょう…
あまりにも安産過ぎて,逆に大事になってしまいました

テレビ番組でやってた様な事が自分の身に起きてしまうとは…
本当にビックリな出産劇でした.

R0010411s.jpg

聖は立派な2人のお姉ちゃんになりました.というか立派なちびママです(笑)

コメント

Secret

感動

聞いてはいましたが,今日ブログを見てたら
涙が出そうなくらい感動しました.
パパ・ママでかした!という感じです.
本当によかった!よかった!

Re: 感動

おばあちゃんへ
未だに,信じられない出来事です(汗)
あの日,病室でパパが「まいったね」って何度も言っていたので,
パパも相当衝撃的だったと思います...

でも本当にしゅんぺいがいる時で良かったです...
自分1人だったら,こんなにテキパキ出来なかったと思います.
FC2カウンター
プロフィール

聖&基都&珠穂のママ(とパパ)

Author:聖&基都&珠穂のママ(とパパ)
*しゅんぺい*
1974年北の国に生まれる.
大学進学を機に関東へ.
長い長い学生生活の後就職を機に相模の国へ.
未来のキューピッドである李さん&許さん夫妻に出会い
ホームパーティーで私と出会っちゃう.
結婚しちゃう.

*ともえ*
1983年.生まれも育ちもずっと相模の国.
日本語教師を目指し専門学校へ.
地元のボランティア日本語教室で
許さんに出会う…

で,2003年に結婚.

2004年しゅんぺいの仕事でドイツへ修業.

が,同時に私の妊娠が発覚.
ドイツでトラブル続きの妊娠生活.
そんなところにしゅんぺいの日本での仕事が決まり
妊娠9ヶ月で緊急帰国.

2005年5月聖ちん(さと・♀)誕生.

2007年11月基(きいち・♂)誕生.

2009年11月珠穂(たまお・♀)誕生.

気がついたら3児のパパとママになりました(笑)

ドイツに行ってから始めたブログですが,
ものの半年で帰国してしまったため
すっかり子育て日記に変わってしまいました...

        

いくつになったの
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。