スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔のお産

今日で4月も最後

予定日まで4日運命の6日まで一週間きりました

てっきりさとちんは4月生まれになると確信していたのに,

見事ハズレました



で,2,3日前におばあちゃんから(私の母方のおばあちゃんです)電話があり

昔のお産の話をしてくれました

なかなか興味深い話だったのでここに書いてみることにします



おばあちゃんがお母さんを産んだ時は,

病院ではなく自宅だったそうです

(妊娠,出産は病気ではないから自宅で出産が当たり前で,病院だとお金はかかるし,

行く必要もないという考えだったそうです.←なんか納得)

でも赤ちゃんが生まれたときの処置とかは大変だから,

生まれそうになったら,近くにいる産婆さんを呼んで応援してもらうという感じだったそうです

しかし,産婆さんがお産に間に合わないこともしばしばあったようで

おばあちゃんも間に合わなかったというケースの一人だったそうです

(お母さん良く死ななかったなぁ…)



さらにおばあちゃんは,曾おばあちゃんがおばあちゃんを産んだ話までしてくれました

当時(大正時代だと思います)もちろん自宅での出産は当たり前

しかし赤ちゃんを取り上げて,産湯に入れさせるのは

なんと旦那の仕事だったそうな

まさに家族での共同作業

すっご~いとしか言いようがなかったです



なので,今のお産をおばあちゃんからみると…

「今は産みたい日まで決められるから,すごいねー」と思うみたいです



ちなみにお産の痛さは,今では鼻からスイカが一般的な例えですが

昔は青竹を手で割れるくらいの痛さと言ってたみたいです

竹ってむっちゃ頑丈で硬いっすよ

それだけ,すごいことなんだと改めて思ったけど

昔の女性のたくましさ強さは,半端じゃない

とっても大きな魅力を感じました

(私の父方のおばあちゃんは10人も子供を産んでいるし…

ほんとすごいです)
スポンサーサイト

ごまだんご

今日はしゅんぺいと中華料理を食べに行きました

そこで,私はタンメンしゅんぺいは海鮮五目焼きそばを食べ,

最後に2人でごまだんごをパクリ



あ~ドイツ以来のごまだんごおいしかったなぁ

そう実はドイツのアジアンマーケットで手作りのごまだんごが売られていて,

日本食を買いに行くたびに買っていたのです

1個60セント(約100円かな)を2つ買って,帰り道にほおばってました

懐かしいなぁ~なつかしいなぁ



でもこのごまだんご,結構人気があって早く行かないと売り切れちゃうのです

なので,なかったこともしばしば…



まぁこんなことも今となっては良い思い出です

でもドイツの思い出の味がごまだんごっていうのもなんかおかしい気がしますが…

(ソーセージとかハムとかビールならまだしも)

私たち2人にとってはこれなんです

一喜一憂

昨日は自分と同じ誕生日になるかもしれないんだぁ

とワクワクしていたのに

今日は一転

ネットで先輩ママ達の出産体験記を読んでいたら

あまりにも生々しくて,すごく過酷で…

立ち会い出産希望なのに,こんな姿をしゅんぺいに見せていいのかと思ってしまいました



まぁお産は一人一人違うものだし,気にすることはない

それに妊娠が発覚して,しゅんぺいには絶対立ち会って欲しいとまず初めに思ったのだから

間違いないと自分で言い聞かせてはいるものの…



はぁ~大変だな~耐えられるだろうか…



でもこの過酷なものだけに,新しい命を生み出した感動も計り知れないんだと思いました

どんなに遅くても来週の金曜にはママになるのです

もう泣こうがわめこうが,覚悟を決めないと

複雑な気持ちになるのも今のうち

いざ,始まればあとはなるようになれかな?

(なんかだんだんヤケクソになってきたような)

きっとさとちんの顔を見れば,今までのことなんか吹っ飛んでしまうことを祈って

残り少ない妊婦生活を送りたいと思います

私の誕生日までに!

今日は朝検診に行ってきました

結果は良好

ただこんなに保ったのが医学上信じられませんって何度もお医者さんに言われました

まぁ相変わらず子宮口はかなり開いているらしいのですが…

痛みがつかないと生まれないからどうにもならないみたいです



で,予定日まであと1週間

次の検診はゴールデンウィークで休診日になっているので

次はいつ来たらいいですか?と聞いたところ,

連休明けでいいでしょうと言われ…よく見たら

私の誕生日じゃありませんか

ということで

同じ誕生日にしちゃってください

と頼み,先生も看護婦さんもニッコリ了承してくれました



6日だと予定日+2日だから問題ないし

さとちんも今日の時点で3015グラム(正確じゃないけど)とすっかり大きくなったことだし

外界への準備は万端

なおかつ私と同じ誕生日ならさらにス・テ・キ

ということで,計画出産になりますが

しゅんぺいが立ち会ってくれるし心強いし頑張ります



まぁ6日まで産気づかなかったらの話となりますが…ね

脳みそ老化中!?

日本に帰ってから,すっかりテレビっこになっている私

最近やたらとクイズ番組が多いなぁと思っているけど,

結構おもしろくて答えが分かったときのすっきり感がたまらなくなってきました



昔はクイズなんか興味なかったのに

「常識問題」とか言われるとついピクッと反応しちゃって

しゅんぺいと「何だろう?何だろう?」と一緒に考えます

でも大抵しゅんぺいの方が答えちゃうのです

しゅんぺいはなぞなぞとか単純問題がすっごい強いのです

きっと職業柄脳みそが柔らかいのでしょう



で,私はというと…もうボロボロです

学生じゃなくなって早1年以上

詰め込んだ知識は減っていく一方です

しばらくは育児でいっぱいいっぱいになるかもしれないけど

柔らかい脳を育てていきたいと,密かに思っています



打倒しゅんぺいです

(だって三十路に負けたくないも~ん)

リアルな夢?

私は結構夢を見る人なのですが

(それが正夢にもなれば1週間くらい同じ夢でうなされることもあれば1年に一回は見る不思議な夢まで様々なのです)

今日の夢はなんだかリアルでした



それもそのはず赤ちゃんが生まれた夢だったのです.

家にいたら陣痛らしき激痛がきて

しゅんぺいと急いで病院へ

つくと同時に陣痛室ではなく分娩室

しゅんぺいの手を握りながら,おもいっきりいきんだらあっというま

顔がしゅんぺいにそっくりで目が大きくてむっちゃかわいかった

2人で「やっとうまれたね~」と幸せをかみしめていた…というものでした



以前,既に子育てしている夢を見たことがあったんだけど

顔はやっぱりしゅんぺい似今回見た夢とほとんど同じ顔でした

私はどうやら,さとちん=しゅんぺい似であってほしいという願望がすっごい強いみたいです

でも私としゅんぺいの赤ちゃんの頃の写真を比べると

どう見てもしゅんぺいの方が…

だって私はマルコメでしたから



ということで,果たしてさとちんはどっちなのでしょう



ちなみに今日は珍しくしゅんぺいの寝相が悪くて

こんな幸せな夢を見ていたのに

2回もしゅんぺいのパンチを顔にくらいました

男の人って手がゴツゴツしてるから,力が入ってなくても痛いのね

まぁお腹にくらわなかったから良かったです

遅寝遅起き

1時間ほど前にやっとお昼ご飯を食べに行きました

今日は起きたのが11時過ぎだったので,生活サイクルがエライことになっています

夕飯何時になってしまうことやら…全然お腹すいていない

でもたまの日曜日だし,特にしゅんぺいは貴重な休日ですから

こんな日があっても良いでしょう



しかもさとちんが生まれたら,そんなことできなくなるし

私は朝も夜も関係なくミルクやら,おむつやら…

至れり尽くせりですね

想像しただけでも,私やっていけるだろうか…と思ってしまいますが

とにかく頑張るしかない

このブログが育児の愚痴ブログにならないように努めなければ



それに,しゅんぺいの協力も必要不可欠だし

パパよろしくお願いします



しかし,さとちんいつ生まれるのでしょう

たまにお腹は張るものの,全然産気づかないのですがう~む

しゅんぺいと…

もういつ生まれても良いということで

遠出はできないけど,しゅんぺいとお昼がてら買い物(久々のおデートかな)に行ってきました



しゅんぺいとラーメンをまず食べて

以前ブログにも書いた,あの看板作りに使うニスなどの工作道具を買いに行き

コンビニで新しく出た雑誌や漫画お菓子やアイスを買って帰宅しました



ホント久しぶりに2人でのんびり出かけられたので,ほのぼの~な感じでした.

しっかしどこに行っても,視線が…

お腹のでっかい臨月妊婦が歩いているから仕方がないけど

通り過ぎる度にみんな見る見る

でも最近妊婦さんって町で見かけないしなぁ

産婦人科では妊婦さんも沢山いれば,毎日のように赤ちゃんも生まれているのに…

町に出れば見かけないってことはやっぱり少子化なんだなぁと思います



ちなみにドイツでは妊婦さんはあまり見かけなかったけど,

赤ちゃんは沢山いました

バスでも電車でもお店でもどこでもベビーカーにのって…かわいかったなぁ



いつかさとちんともショッピングができる日を夢見るともえでした

あとは陣痛待ちです

退院してもう2週間

今日は定期検診に行ってきました

赤ちゃんも元気だし,子宮口は先週よりも開いてきているから

陣痛はなくても,確実にお産の時は近づいているようです



それに昨日はいつもより少しお腹の張りが多かったので

(規則的じゃなかったから,まだだ~と待ちかまえてました)

お医者さんに言われて「やっぱりなぁ」と思ってました

しかし,陣痛来るのでしょうか

何度も生まれそうになっているのに,ここまで来ちゃったなんて不思議でたまりません



まぁ予定日までは10日以上あるので,そう焦る必要はないのですが

予定日すぎたら促進剤かなぁ…という感じです



でも今日の内診は本当に痛かった

内診の刺激で陣痛が来るなんてことも聞いているので,

はてさて



さとちんママはもういつでもいいのだよ~(笑)

パパも首を長くして待ってるぞぉ~

恥ずかしくて…

はぁ~今日も生まれそうにありません

と書いたら,今さとちんにキックされましたということはまだってことですね(笑)

明日検診なのでまたお医者さんに「1週間もっちゃいましたね~」

と褒められそうです

まぁ元気で健康で何も問題なく生まれてくれれば,本望です



で,一昨日しゅんぺいに「おっきなお腹姿を撮ろうよ~」と言われ,

そのままパチリ

今日は「こんなに大きくなりました~」と写真を載せようと思ったんですが…

笑顔だけどすっぴんフラッシュのせいか眉毛がない

とても載せられるものではなかったので断念しました



いくら妊婦でも,わたくしまだ21の乙女ですから

もうちょっと綺麗なものを生まれる前に撮れれば載せようかとおもいます

しゅんぺい今度は綺麗に撮っておくれ(笑)



っていうかすっぴんだからいけないんだよ

たまに食べたくなるもの

昨日の夜からまた再発した恥骨痛と腰痛

寝返りするのも辛くて,う~う~唸ってました

すると今日は雨じゃありませんか

私の体ですっかり天気予報ができるようになりました



で,今日はお昼になんか無性にお粥(というか雑炊?)が食べたくなって

早速作っちゃいました

お粥って風邪をひいてなくても,たまに食べたくなるんだよねぇ

しかも簡単に作れるし余った食材でパッとね

今回は,卵とわかめのお粥(雑炊?)

梅とも迷ったんだけど,塩分控えめということで

我ながらなかなか美味しかったです



ところでみなさんはお粥を作る時,何の食材を入れますか?

もしオススメなものがあったら是非教えてください

さとちんまだかなぁ?

切迫早産で入退院を繰り返して,なんとか早産は防げたものの

もう予定日まで2週間あまりとなりました

一体いつみんなとご対面になるんでしょうねぇ

看護婦さんには38週までは保たないでしょうと言われているけど,

明後日から38週に入ります

まさに赤ちゃんにとっては外界に出ても準備万端理想的なラインなのです



一時期は(特にドイツでの入院生活)本当に辛くて,胎動を感じる度に「もうこんな状態嫌だ」と思っていましたが

今は,肋骨を蹴られようが,にょろにょろ動こうが,しゃっくりをしようが

「おおっ今日も元気ですなぁ…」

と日に日に成長するさとちんが頼もしいし,嬉しいのです

臨月に入って,やっと母性がでてきたのかなぁ

切迫早産を乗り越えて,さとちんのことが大切で仕方がないし

さとちんと共に成長しつつあるかなとも思います



しゅんぺいは今日,「そろそろもう危ないよね~」と言って仕事に行きました

その通りなんだけど,こればっかしは…神のみぞ知るってやつです

きっとしゅんぺいも,さとちん誕生がもどかしいのでしょう

新居探し

今は私の実家に居候してますが

しゅんぺいの職場まで少し遠いというのがあるので,とりあえず新居探しをしてきました

(赤ちゃんが生まれてからでも十分だけど,生まれたら私も赤ちゃんもしばらくは動けないので,臨月とはいえ私がまだ動けるうちにとね)



でも家探しって結構大変ですね

私は今まで一人暮らしをしたことがないから,家探しもしたことがないので,初体験でした.

(ドイツの家はしゅんぺいのボスの秘書さんが手配してくれたので,探すことはなかったのです)



希望はこれから家族も一人増えるから2DK以上,バス・トイレ別,(今までワンルームでバス・トイレ一緒だったから,もうそれだけは勘弁です)駅まで歩ける範囲のところ,

コンビニorスーパーにも歩いていけるところ…と赤ちゃんが生まれてもある程度便利な場所がいいかなと思っています

そしたら,環境は良いのにバス・トイレも別で文句なしなんだけど…

ほとんど洗面所が無いのです

お風呂に洗面所のタイプが圧倒的なのです

知られざる事実でした

でもとっても良い勉強になりました



まぁ今まで,2人暮らしでワンルームバス・トイレ一緒+,ドイツではシャワールームオンリーだったからこれぐらいのことで動じなくなったけど

赤ちゃんのことを考えてあげると…う~んやっぱりお風呂に洗面所はちと不便かと



とりあえず,洗面所ありの場所をということでうまくいけばいいなぁと思います

彫刻刀の正体

昨日やっぱり彫刻刀の使い道が気になって,しゅんぺいに聞きました

そしたら

「研究室の看板つくるから」

私拍子抜けしちゃいました

てっきり,実験か何かに使うのとばかり思っていたのですが…

しゅんぺいの職場っておもしろいなぁと思っちゃいました



しかもにっこり笑ってこの一言

しゅんぺいは三十路だけどお茶目でかわいいです

そりゃ~私より大人な部分も沢山あるけど,こんな一面もあるからたまりません



そういえば,男の人の精神年齢って実際の年齢より-5歳と言うけど…

本当にそうかもしれません

女の人は+5なんだよね

すると,しゅんぺいは25歳,私は26歳…

私上回っとるがな

まぁ私はさておきしゅんぺいは少なくとも当てはまると言うことです



では,彫刻刀の使い道がわかってさっぱりしたともえでした

しゅんぺいの仕事

今日もさとちんはお腹の中で気持ちよさそうに動いています

昨日定期検診で内診したから,内診の刺激で陣痛が来るんじゃ…

と思ってたのですが,産まれそうもないです



さて,本題へ…

さっきお昼頃しゅんぺいから電話が

(私が一時帰宅してから,ほぼ毎日お昼に連絡くれますいつ陣痛くるかわからないからねぇ)

で,いつも通り「大丈夫だよ~」といって今日の帰りは遅くなるとか,ならないとか,しゅんぺいはお仕事の状況を報告してくれます



,今日は「彫刻刀ある?」と…

何年ぶりに聞いたであろうこの言葉懐かしすぎるって思ったけど,

一体何に使うんだろうって

ん~結婚して1年半,未だにしゅんぺいの仕事がわかりましぇん

研究して,論文を書いているっていうのは知っているんだけど

ううむ…

論文読んでも全部英語だし専門用語ばっかしの論文で,さっぱりだし

実験写真見ても,どこがどう違うのかわからない始末

まぁわたくし素人ですから仕方ないけどなぜに彫刻刀

あ~気になる気になる気になるよぉぉぉぉ



特殊な世界で働いている夫を持つ妻って結構悩み多いかも

でも,ちゃんと働いてくれればいいよね

4月から新しい職場になって,大変みたいだし

どんな仕事なのかわからない分,家に帰ってきたらちゃんと癒してあげられる妻でありたいと思う私です

(でも私よりもさとちんで癒されてたりして)

あれから1週間

さて,早いもので一時退院してから1週間が経ちました

で,今日は定期検診



尿検査

血圧

体重測定

貧血検査

超音波検査

内診

CTG(赤ちゃんの心音と子宮収縮を診る検査)



と盛りだくさんでした

結果は良好で赤ちゃんもとっても元気だって

ただし子宮口は3,4センチ開いているとのことなので,

いつ陣痛がきても本当におかしくないんだって

しかももう子宮口は開いているし,赤ちゃんの頭はすぐそこ…といわれたので,

陣痛が来たら,お産の進みは早いから,即病院に来てください

と言われました



ちょっと…というか,私大丈夫なんでしょうか

まぁさとちんが元気だからいいんだけどね



今一番心配なのは,家で私一人の時に産気づいたら…っていう場合です

頑張ってタクシー呼んで,必死に向かうしか方法はないけど

ああっせめて誰かいるときに産気づいてください

さとちん頼むよぉぉぉぉ~

やっぱり天気のせいだった!?

今日は久しぶりの快晴ですね

晴れの日って身も心もリフレッシュできるような感じがして,私は大好きです

さとちんもお腹の中でグニュグニュ動くので

まだまだ一心同体の方がお好きのようです

予定日の5月4日までいすわったりして



で,最近悩まされている恥骨痛

(なんで恥骨って言うんだろう使えば使うほどこっちが恥ずかしいわ)

昨日は目覚まし時計を止める時に体を動かしたら,パキパキバキッ

「はうぅぅぅぅ~」の悲鳴と同時に体は一時停止(いつか骨折しそう…マジで)

しゅんぺいからは「どうした?」とお馴染みの一言を言われる始末

私もさすがにもう勘弁してくれ~と嘆いてました



,今日は一転朝から体が軽いのです

朝起きたときも,そんなに痛くないし今も全然

天気のせいでしょうか

よくおばあちゃんとか,天気の悪い日は体が疼くとか関節が痛いとか聞くけど…

私もその類

私の体って一体…

妊娠すると体が変化するってわかってはいたけど,ここまで変わるのかと想像以上です



しゅんぺいは赤ちゃんできても,体に何の変化もないから羨ましいです

せめて一日くらい私の体と交代してくれればいいのに→とふと思ってしまうこの頃です.

ゴールイン

今日は私もさとちんも褒めてあげようと思います

実は今日から妊娠37週に入りました

そう以前お話しした通り,もし今日生まれてももう早産ではないのです

なので昨日の夜,しゅんぺいは私のお腹を触りながら,

「おーい,早くうまれてこーい」と言っていました

切迫早産と診断されてから,ここまで長かったです

というか良く保ってるなぁ~と言うしかありません

なんせ,子宮口が3センチ開いて早1週間

トイレに行くのがすっごい怖いんだけどなんとかなっています

人間の体ってうまくできていますね



そして,今日からお腹の張り止めの薬を飲まなくなりました

果たしてこの薬のおかげで陣痛が抑えられていたのか

ここ2,3日が勝負かもしれません

(ずーっと点滴と薬を飲んでいたから,体に蓄積されていてなかなか陣痛がこない場合もあるそうです)



あとは本当に運命の日を待つのみです

どうか元気に生まれてきてください

ざっと200枚超!

今ドイツでの写真を現像して,ほぼ完了しました

数えたらなんと220枚以上

そりゃ~現像に2日かかっても不思議じゃないですね

おかげでプリンターのカラーインクの減りが早い早い

でも,自分で現像した方がトリミングもできるし納得した仕上がりになるからね

良しとしましょう



ところで,私もしゅんぺいもプリクラはあまり撮らないけど,写真となるとすごいです

結婚して1年半(早いなぁ~)で,ドイツの写真も含めて約1000枚

そんなに色んなところ行ったっけ~?って思ったら結構行ってました



1年半で海外は4カ国

しゅんぺいの実家,北海道に4回

土日を使った突発的なプチ旅行名古屋,岐阜,長野,群馬,千葉…数知れず

ディズニーランドとseaも行ったし

(いつか彼氏と行くのが夢だったの旦那になっちゃったけど...しゅんぺいは彼女が変わる度に?行ってたらしくげんなりだったとか???そりゃ私より9年も先輩ですから,色々あったんでしょうねぇ)



と,こんな感じでした

さとちんが生まれたら,こんなに行けなくなるけど

これからは子供との思い出がつくれるわけですねどきどきするなぁ

体が…心も?

ここ2日間天気が悪いせいか体かあちこち痛いです

特に…恥ずかしい限りですが……ち,ち,恥骨が…

9ヶ月に入った頃から時々痛かったのですが,今になって悪化しました

赤ちゃんがもう下がってきていて骨盤に入って圧迫しているせいなので,

仕方がないんだけど…

体を動かす度に痛み,かばおうとすると安静にしているせいか膝や腰がミシッときしみ,

立ち上がるだけでも大変です



そして昨日の夜仕事で疲れ果てたしゅんぺいがリビングで爆睡してしまい

寝るなら寝るで布団に入った方がいいし,起きて仕事をするなら(夜中の12時近くだったので)もう始めた方がいいんじゃ…と思って,

何度か声をかけたんだけど「大丈夫…」しか言わなかったので,

起きないしゅんぺいがいけないんだと思い

体も痛かったので,私は先に寝てしまいました

(でも最近しゅんぺいは朝も早く仕事に行っちゃうし,夜も少し遅いし,今私の実家に住んでいるというものあって,2人でいる時間はあまりないので,本当は一緒に寝たかったのです)



で,夜中私はトイレに行きたくなって起きあがったら恥骨に激痛が…

隣を見るとしゅんぺいが気持ちよさそうにスースー寝ていて,

助けてほしくても声も出せないほど痛くて

やっとの思いでトイレに行って戻ってきたら,

しゅんぺいが眠いながらも「どうしたの?」と,,,

気づいてくれたからまだよかったものの,私はもうおそいよと思い,

なんで私だけこんな痛い思いしているんだろう?と一気に辛くなってしまい,

ついに大泣き

しゅんぺいはびっくりしてひたすら「どうしたの?」って聞いていたけど,

私は理由を話す気力もなくいつの間にか寝てしまいました

(今思えば,しゅんぺいから見ると勝手に泣いて勝手に寝て…私って嫌なやつ)



でも妊娠中ってホルモンバランスで情緒不安定になりやすいみたいだし,

体も心もナイーブになっているらしいので,相当私キテますね



はぁ~このブログに愚痴ってしまったすみません

もっとしっかりしないとな~.

というか,もっと精神的に強い人になりたいです




地震でびっくり

おはようございます

今日は朝地震で目覚めた,しゅんぺい&ともえでございます

意外に揺れが大きく,揺れた時間が長かったので

思わずしゅんぺいにしがみついてしまいました

臨月妊婦だし,万が一物が倒れてきたら…と思って,かなりびっくりしました



地震直後,2人で着替えて1階に降りて,ニュースを見たら震源地は千葉と茨城…

実は私の妹は,この春からめでたく大学生

しかも茨城で一人暮らしがスタートしたところだったんです

しゅんぺいが急いで妹に電話をし,大丈夫か?と聞いたら,大丈夫だったとのこと

妹の住んでいる地域は,震度3だったので問題なかったようです

でも一人暮らしだからね~妹もびっくりしたと思うけど,何もなくて安心しました



そして,今日はみんな仕事なので夜まで私一人です

朝からこんなことがあったから,ちょっと不安です

さとちんも私が不安になっているのがわかっているせいか,

お腹の中でバタバタ動いています



でもこれから,ドイツでとった写真をプリンターで現像して

アルバムにまとめようと思っているので楽しみです

さて,今日も頑張ろうっと

いろいろあったなぁ…

今更だけど,先日しゅんぺいから「ブログに変なコメントが…」と聞いて早速読みました

私もしゅんぺいと同じことを思いました

私たちがドイツでどんな思いをして生活してきたか,ブログで日記感覚で書いていても

それが全てではありません...



でも書かれたことに対して,正直否定できない部分もありました

妊娠が発覚したのにも関わらず,最初は喜べなかったことです

母親失格…と書かれてしまって,正直心にグサッときました



普通なら大好きな人との子供なんだから喜ぶのが自然です

(予想外な結果でも,結婚していたし私たちもいつかは…とは思っていました)

でもあの時は喜びよりも,ドイツに来て間もなかったし,言葉も通じない,買い物に行っても見慣れない食材ばっかり,家事をするにも日本とは全然違うシステムで,一日一日生活するだけで精一杯だったのです

それに加え妊娠となると,病院はどうする?私の体はどう変化するのか?これからどんなことに気をつけなければならないのか?とか,とにかく情報(知識)が全くなく,電話やインターネットで誰かに聞きたくても繋げるだけでも相当な時間がかかってしまい…不安な気持ちの方が勝ってしまったのです

なので,情けないけど発覚してからしばらくはどうしたらいいかわからなくて,辛くて毎日泣いていました



その後検診に行くたび,超音波で赤ちゃんを見て

私がこんな思いをしても頑張って育っているのをみて,私も頑張らないといけないと思い

気持ちも少しずつ変化していったと思います

それにしゅんぺいもほとんど定期検診に付き添ってくれたし

(ドイツならではかもしれません)

いろいろ協力してくれたので,ここまでこれたのだと思います



そして切迫早産になり,また辛い思いもしたけど

出産は日本でできることになり

まさに終わりよければ全てよしになろうとしています



去年の9月から今まで,本当に波瀾万丈でした

21年間生きてて,一番目まぐるしい半年になったかな

もちろん得たこともすごくある半年だったなぁと思います

正規産まであと…

今日も家でのんびり過ごしているともえでございます

実はまだお腹の張り止め(要は陣痛がこないようにすることね)の薬を飲んでいるので

この薬を飲んでいる限りは,そう簡単にこないだろうと言われています



なぜ飲んでいるかって言うと…(いつ産まれても良いのに)

私,現在妊娠36週なんですね

早産と言われるラインって36週と6日なのです

37週から正規産になるんです

で,私は今度の水曜でめでたく37週に入るので何とか保たせるために飲んでいるわけです



薬は火曜日まで飲むので,火曜までは生まれないとは思うけど

水曜からがいよいよかってところです

看護婦さん曰く38週まで保てば,理想的よとのことらしいんだけど,

多分保たないでしょうと言われました



まあ,でもドイツで1ヶ月入院してこっちでも2週間入院して

ここまで来たのが不思議なくらいだ…と自分も思うしお医者さんも言っていたので,

私もさとちんも頑張ったなぁ~と思います



でも私は妊娠するまで,健康だけは取り柄だったし

高校は精勤賞(1回だけ遅刻して皆勤に届かなかったくやしぃ)とったし,

さとも流産しやすい時期にドイツまでついてきて

ケルン大聖堂の階段500段上りきったし

(単に私が妊娠に気づいていなかったからだけど)

切迫早産でもドイツから日本に帰りましたから

さとちんはつよーい女の子です



数年後にこの話をさとちんに話すのが楽しみだぁ




一時帰宅です

お久しぶりですなんと昨日一時帰宅という形で退院しました

しゅんぺいが書いてくれた通り,水曜に点滴が外れ,抜糸までして

その後10分間隔のお腹の張りがきて,ついに産まれる~って思ったのに

お産は進むどころか落ち着いてしまいました

(しかもいつの間にかうたた寝しちゃって,看護婦さんに笑われました)

どうやら,抜糸の刺激が原因だったみたい



それからも全然陣痛らしきものもこないので,

もう自然に任せるしかないという結論に至り,(促進剤で産んでしまうという手もあったのですが,早く産まれて良いことは一つもないので)

帰宅となったわけです

まさか帰れるとは思ってなかったので,意外な結果でびっくりという反面,やっぱり家が一番です

落ち着くし幸せ~



でも既に子宮口が3センチ開いていて,赤ちゃんも下がっているので

本格的な陣痛が来たら,お産の進行は早いだろうと言われています

だから,異変があったら即病院です



あとはもう産むだけだからあと一息だ~がんばります

ちょっと一息?!

ちょっとだけともえの状況に変化があります.

産婦人科の先生と看護婦さんは,ともえが抜糸したら,たぶんすぐに赤ちゃんが出てくるだろうって言ってたのだけど,なぜか持ちこたえてしまいました.

子宮は開いているのに,赤ちゃんは出てきません.

というわけで,たぶん今日退院します.

今まで絶対安静だったのは何だったのだろうか(^_^;)


いよいよ?

昨日の朝,ともえの子宮口を縛っていたのが抜糸されました.

もういつ産まれてもおかしくない状況だそうです.

ただ,今のところ安定してるから,すぐ産まれるか,まだまだ先になるのか微妙なところらしく,先生にも判断が付かないそうです.

どうなることやら.

きょうから

ついに新年度が始まりました.

わたくしは新しい職場に行って,辞令をもらい,部屋の大掃除などで大忙しでした.

まだ家からの行き方がよくわからなくて,一番早く通勤できる道を探しているところです.



ともえはと言うと,今日検診があって,赤ちゃんは2200グラムまで大きくなっていました.

今のところ順調ですが,この後どうするかは,経過を見て決めるそうです.

ただ,ついに2000グラムを超えたので,先生もいつ産まれても大丈夫と,安心していました.

というより,よくここまで持ったという感じもあるようです.
FC2カウンター
プロフィール

聖&基都&珠穂のママ(とパパ)

Author:聖&基都&珠穂のママ(とパパ)
*しゅんぺい*
1974年北の国に生まれる.
大学進学を機に関東へ.
長い長い学生生活の後就職を機に相模の国へ.
未来のキューピッドである李さん&許さん夫妻に出会い
ホームパーティーで私と出会っちゃう.
結婚しちゃう.

*ともえ*
1983年.生まれも育ちもずっと相模の国.
日本語教師を目指し専門学校へ.
地元のボランティア日本語教室で
許さんに出会う…

で,2003年に結婚.

2004年しゅんぺいの仕事でドイツへ修業.

が,同時に私の妊娠が発覚.
ドイツでトラブル続きの妊娠生活.
そんなところにしゅんぺいの日本での仕事が決まり
妊娠9ヶ月で緊急帰国.

2005年5月聖ちん(さと・♀)誕生.

2007年11月基(きいち・♂)誕生.

2009年11月珠穂(たまお・♀)誕生.

気がついたら3児のパパとママになりました(笑)

ドイツに行ってから始めたブログですが,
ものの半年で帰国してしまったため
すっかり子育て日記に変わってしまいました...

        

いくつになったの
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。